© 2012 Columbia Pictures Industries,Inc. All Rights Reserved.
編集部が、配信中のサービスを徹底リサーチしました!表内の配信状況が「○」「△」となっている場合には、今から「5分以内」にご覧になってるスマホ・タブレット・PCから動画を視聴し始められます☆

\すぐに視聴するならU-NEXTで/

 

【トータル・リコール】の動画を無料でフル視聴したい!

「トータル・リコール」の動画をフルで無料視聴したいあなた!劇場で見逃してしまったあなたも、再放送まで待てないあなたも、ネット配信サービスなら視聴が可能です。

「どの動画配信サービスで視聴できるの?」という質問もあるかと思いますがご安心下さい。作品配信中のサービスも、当サイトでリサーチ済みです!動画配信サービスごとの特徴も、業界を熟知した編集者自らがまとめておりますので、そちらも合わせてチェックしてみてください!

 

動画配信サービス人気6社からリサーチ!

U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV
 配信状況 ×
 無料お試し期間 31日間 1ヶ月 2週間 31日間 なし 31日間
入会後付与pt 600pt 100pt - - 3,000pt(今なら+1500ptプレゼント 1,080pt
月額料金 1,980円 888円 933円 500円 1,500円 933円
公式サイト U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV

(◯:見放題、無料キャンペーン中も視聴可能/△:ポイント使用で視聴可能/×:視聴不可)

「トータル・リコール」は記事執筆時点(ページ上部に記載)で、「U-NEXT」「FOD」「dTV」「TSUTAYA TV」にて視聴可能です!月額会員が見放題となるのはこれらのサービスだけです。無料キャンペーン期間も見放題で楽しめますので、お得に作品を楽しんじゃいましょう♪

クランクインビデオ」については、通常ポイントに加えて+1,500pt分が付与されるキャンペーン中ですので、他のサービスよりもお得に楽しむことができます。(公式ページ上に表記がない場合は、終了となっています。予めご了承下さい。)

個別にサービスの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきますので、あなたにあったサービスをチェックしてみてくださいね^^

 

「トータル・リコール」以外にも色々な作品も楽しむならU-NEXT

U-NEXTの魅力は、取り扱い作品の多さにあります!見放題作品は80,000本以上、ポイント消費が必要な有料コンテンツを含めると120,000本以上もの映像作品が視聴出来ます!

月額会員は毎月1,200ポイントが自動的に付与されるので(毎月1日)、公開から時間の経っていない話題作などもたっぷり楽しめちゃいます。初月無料のキャンペーン中でも600ポイントが付与されるので、初月からU-NEXTの有料コンテンツを試すことが可能です。(新作は540pt消費が多いです^^)

実際に使ってみて合わないようだったら、無料期間が終わらないうちに解約することも可能なので、気軽にお試し出来ますよ☆

U-NEXTの特徴とメリット

  • 見放題作品数が80,000本以上、有料コンテンツも40,000本以上
  • 初回31日間の無料トライアル中に600ポイント付与!
  • キャンペーン後は毎月1,200ポイント付与
  • 動画作品の他、有名雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れます)
  • コミックや電子書籍も、ポイントで購入可能!(マンガ購読者は超節約出来ます)
  • 3つまでアカウントを無料追加可能!視聴履歴などもバレません

U-NEXTのデメリット

  • 月額料金が1,980円(税抜)と他に比べると少し高い(31日間は完全無料で楽しめます)

 

「トータル・リコール」以外に懐かしのドラマやアニメ、雑誌も楽しむならFOD

FODプレミアムでは、ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など人気の動画が多数配信されています。「ラブオアノット2」「彼氏をローンで買いました」「ラブホの上野さん」など、FODでしか観られない人気のオリジナル作品があるのも魅力の一つです。

無料・有料合わせて動画作品は40,000本以上、これだけ沢山の動画コンテンツを楽しめて、月額888円(税別)とは破格とは驚きですよね。しかも追加料金なしで、人気雑誌70誌以上も読み放題なんです。雑誌によっては、FODの月額料金が1冊の金額と同じくらいのものもありますので、雑誌購入者からしたら得しかないサービスと言えます。

使い勝手が試せるように、1ヶ月間の無料キャンペーンがありますので是非ご活用ください。見放題動画や雑誌を堪能して、無料期間中に退会しても問題アリませんのでお気軽にどうぞ☆

FODの特徴とメリット

  • 見放題&有料の映像作品が合計40,000本以上!往年の名作やオリジナル作品も楽しめる!
  • 動画コンテンツ以外にも、人気雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れる)
  • 毎月”8のつく日”に400ポイント付与キャンペーン!(月額料金以上のポイント付与はFODだけ
  • コミックや電子書籍は、付与ポイントで購入可能!(漫画購入者はかなり節約出来る)

FODのデメリット

  • フジテレビ作品への偏り感が否めない(逆に、FODでしか観られない作品も多い)

 

「トータル・リコール」を最安値で楽しみたいあなたにはdTV

dTVの特徴は、なんといっても破格な料金!動画配信サービス業界で最安クラスの月額500円(税別)!それでいて、12万作品もの動画が見放題になります。初めて知ったときは驚きを隠せませんでした。数十年前の作品やニッチな作品もあるので、かなり幅広い要望に応えられるのではないかと思います。

ただ、海外作品には弱い印象が.....。人気の海外ドラマを楽しみたい場合にはHuluなど別サービスがいいですね。

とはいえ、この価格で人気作品を満喫できるのはdTVだけ!無料トライアル期間を利用して、一度お試ししてみるといいかもしれませんね。もし合わなければ、無料期間内での退会も大丈夫なので安心です。

dTVの特徴とメリット

  • 月額500円(税抜)で12万本もの動画コンテンツが見放題!
  • 端末にダウンロードして、外出先でも動画を楽しめる♪

dTVのデメリット

  • 画質やアカウント数など若干の制限がある
  • U-NEXTなどに比べアニメ・ドラマなどが少なく、取り扱い作品数に対して観たい作品が少ない印象

 

「トータル・リコール」を楽しみつつ、他新作も楽しむならクランクインビデオ

クランクインビデオは、人気の映画やドラマなど最新作に強い動画配信サービスです!他社よりも新しいサービスということで、配信数はあまり比べられないのですが、月額料金に対してのポイント還元数が大変魅力的です!月額1,500円(税別)に対し、付与されるポイントはなんと3000ポイント!還元率のいいU-NEXTですら、1,980円(税別)の月額に対して1200ポイントですから、いかにクランクインビデオの還元率が高いかが分かります!新作映画換算で、毎月5本も視聴できる計算なので、劇場公開からまもないタイトルを視聴するのにはもってこいと言えます。

今ならキャンペーンで1500ポイントがプレゼントされるため、2本は新作タイトルを追加で楽しむことが出来ますよ。

クランクインビデオの特徴とメリット

  • 月額1,500円(税別)で、3000ポイントも付与され、新作タイトルが5本も視聴可能!
  • 今なら1500ptプレゼントされるので、新作を2本はチェックできる。(表示がなければ終了)

クランクインビデオのデメリット

  • 配信数が10000本と、他社と比較して少ない(新作に特化しているとも言える)
  • 1,500円(税別)を高いと感じる可能性も

 

「トータル・リコール」を安く楽しみつつレンタルDVDも...ならTSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、あのTSUTAYAが運営する動画配信サービスで、新作・準新作を覗いた8,000タイトルが見放題で視聴可能になります(見放題以外の作品と合わせると32,000本以上)。他サービスが数万作品が見放題となることを考えると、見劣りしてしまうのは否めません^^;

ただ、毎月1,080ポイント付与されるので、そのポイントを使って新作・準新作を楽しむことも出来ます。そこまで動画視聴する時間はないけど、毎月少しだけ新作を楽しみたい場合にはいいかもしれません。

レンタルサービス(通常933円+1,865円:税抜)もセットになったプランを、30日間無料で利用できるお試しキャンペーンがあって、見放題作品にないものなどは、DVDの実物を郵送でレンタルできる体制になっています。自宅の機器で、高画質で楽しみたい場合や、他のどのサービスにもない作品を観たい場合にはぴったりですね!

 

TSUTAYA TVの特徴とメリット

  • 月額933円(税抜)で(32,000本以上のうち)8,000タイトルが見放題に。
  • 毎月1,080ポイントが付与されるので、新作・準新作も楽しめる!
  • 画質・音質にこだわる方や、観たい作品が他のどの配信サービスにもない場合には重宝する

TSUTAYA TVのデメリット

  • 見放題作品数が8,000タイトルと、他配信サービスに比べて少ない

 

【トータル・リコール】作品情報

© 2012 Columbia Pictures Industries,Inc. All Rights Reserved.

『トータル・リコール』見どころ

1990年のヒットSFアクションをリメイク。浮遊する車ホバー・カーでのカー・チェイスや超巨大エレベーター内で展開する立ち回りなど、ド派手で大掛かりな見せ場が連続する。

『トータル・リコール』ストーリー

富裕層と貧困層の格差が極限化した近未来。工員のクエイドは、自身が望む記憶を脳内に移植するリコール社を訪れる。スパイの記憶を楽しもうとするが、そこを警官隊が急襲。突如、圧倒的戦闘能力を発揮して彼らを倒したクエイドは、自身の思わぬ正体を知る。

『トータル・リコール』キャスト

  • コリン・ファレル
  • ケイト・ベッキンセイル
  • ジェシカ・ビール
  • ブライアン・クランストン
  • ジョン・チョー
  • ビル・ナイ

『トータル・リコール』スタッフ

  • 監督 レン・ワイズマン
  • 原作 フィリップ・K・ディック
  • 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
  • 脚本 カート・ウィマー
    マーク・ボンバック
  • 製作 ニール・H・モリッツ
    トビー・ジャッフェ

『トータル・リコール』についてのみんなの声

短編集なんだけど映画化された『トータルリコール』も『マイノリティーリポート』もあるって天才なのでは?

トータルリコールめっちゃおもろい

スノーピアサー観た。 最後のシロクマが、オライリーの情報アーキテクチャ本の表紙とそっくりだったことが意外と印象的。。 次はトータルリコール!

スペースコブラで思い出したけど、1話が、もろにトータルリコールなんだよね。今ならパクリで大問題になるんじゃないかねぇ。 トータルリコールの映画の方があとだからパクったのは映画の方、という人が以前にいたが、ディックの短編は漫画版コブラの何年前の作品だと、、、

トータルリコール観た後だと、ビックリするくらい流血が少ないね むしろ、学習能力のおかげでだんだん人間臭くなるT-800が可愛いく見えてくる 昔は全然意識しなかったけど、ジョンめちゃくちゃ可愛い…

なぜかトータルリコール(シュワ版)を何年かぶりに観たくなったので、ターミネーター2と一緒に借りて観た。 昔の記憶だったからアヤフヤだったけど、Tリコールって数分で何人やられるんだよってくらいこんなに派手だったっけ? 逆にT2はジョンが無闇に人コロスなって命令してるから、 続く→

コリン・ファレルのトータル・リコールやっと見た、深読みしすぎて全然集中できなかったけどアクションめちゃかっこよかった👳 この前に見たのがたまたまインセプションだったんだけど似通ってる場所が多くて笑った結局夢オチなのかどうなのかわからないところも含めて

『トータル・リコール』(2012)が定期的に観たくなる。

トータルリコール、タイトルがかっこいいからという理由だけでマイリストに入っている

種運命もきてるし、トータルリコールもあるし、どうしたもんかな

面白かったなあ 〉トータルリコール2012年版

TSUTAYAにトータル・リコール忘れてくるという失態

トータルリコールの主人公の俳優さんはなんかトム・クルーズとニコラス・ケイジを足して2で割ったような顔してるな

洗濯物干したし トータルリコールの続きみよ

シュワちゃん版より記憶を焼き付ける装置がチャチすぎて不安がすごくするな() 〉トータルリコール 2012年版

ナレーション「労働者は毎日地球の裏側まで移動を強いられていた」  !!!? こんなんだったっけ   〉トータルリコール

トータルリコールのコメントで、シュワルツェネッガー七部作って言ってる人いたけど、いいチョイスだなって思った トゥルーライズ以外は見たことあるし

ネトフリでトータルリコールのりメイク版見るか

おはよう諸君。 初めて「トータル・リコール」の完全版観てる。今思えば施設的な設定が安全上いろいろ欠陥あるよなw #トータル・リコール #コマンドー #組合員

赤い火星をリコール (火星を舞台にした映画:『レッドプラネット』『ミッション・トゥ・マーズ』『トータル・リコール』)

 

dailymotionやpandoraなどで違法アップロード作品を見るのは危険!

危険だと言われても、デイリーモーションやパンドラなどに「違法にアップロードされた動画を視聴したい」という方も中にはいらっしゃるかもしれません....パソコン・スマホのウィルス感染や、クレジットカードなど個人情報の流出が起きてしまっても問題がなければ、自己責任でご利用下さいm(_ _)m

※当サイトでは、違法アップロードされた動画の視聴は一切推奨しておりません)

当サイトでご紹介している動画配信サービスは、安全にたくさんの動画を楽しむことができますし、雑誌や有料コンテンツ(ポイントが付与される)を楽しめるものもあります。それなのに、あえてリスクの高い違法動画を選択する必要はありませんよね。関係者の利益を奪うばかりでなく、エンタメ業界の未来を蝕む行為でもあります。あなたが好きな動画だからこそ、作者・関係者のためにも、安心安全のネット配信サービスを利用しましょう♪

こちらの記事は、執筆時点(ページ上部に記載)での情報です。最新情報は、公式ページ内にて作品名を検索し取り扱い状況をご確認ください。
おすすめの記事